【知らなきゃマズイ?】肥満の人が疲れやすい2つの理由とその解決策 | 酵素de身体キレイ

【知らなきゃマズイ?】肥満の人が疲れやすい2つの理由とその解決策

 

 


体重が増えてからなんだか疲れやすくなったり、色々なことを面倒に思うようになったという方、きっと多いですよね。

 

 

太る前と比べてこんな変化が起こるのには、ある明確な理由があったんです。

 

 

ここではしっかりとした解決策を知って疲れやすい身体からさよならする為に、肥満の人が疲れやすい2つの理由とその解決策をご紹介していきます。

 

肥満の人が疲れやすい理由

 

 

血行不良から疲労が体に蓄積される


体重が増えて肥満になると増えた余分な脂肪が血管などを圧迫し、血行不良を引き起こします。

 

 

血流が悪くなることで基礎代謝が低下し、体内の不要な老廃物をうまく排出することが出来なくなる為に、疲れやすい体になってしまいます。

 

増えた体重が体に負担をかける


普段ほとんど意識をしないかもしれませんが、人間は体を動かす際に自分の体の重量分の負担を背負っています。

 

 

まったく当たり前のことなんですが、実際に太らないと体感できない為にほとんどの方が気が付きません。

 

 

当然のことながら、60kgよりも50kgでいる方が体にかかる負担は少ないですし、エネルギーを使わない分疲れないんですね。

 

 

つまり、50kgの人が60kgに太った場合は「10kgの荷物を抱えながら生活している」のと同じようなものなのです。

 

 

これ、想像しただけで辛いですよね…、これなら疲れやすいというのも納得できます。

 

肥満で疲れやすい状態の体を改善する方法

 

 

肥満を治すには食事の改善が重要


肥満で1番気を付けなくてはいけないのが食事です。

 

 

具体的には食事から取り入れるエネルギー(カロリー)を抑えるために、食事の量やカロリー制限をしなくてはいけません。

 

 

外食であれば、いつも食べている量よりワンサイズ量が少ないものを選んだり、揚げ物などの高カロリーなものは避け生野菜などカロリーの低いものに変更する必要があります。

 

 

私たちの体は年齢とともにどんどん機能が低下していくため、肥満の解消を目指すのであれば食事制限は避けて通れません。

 

 

関連記事:>>【少食になりたい…】体重を気にするあなたが少食になる3つの方法

 

肥満には日々の運動も効果的


肥満を解消する狙いで運動を取り入れるのはもちろん効果的です。

 

 

しかし、気を付けなくてはいけないのが「食事制限をきちんとした上で行わなければ効果は出にくい」という事です。

 

 

これはランニングなどでハードな運動をしたとしても、肥満になってしまった原因であろう食事の量や内容を変えなければ「消費エネルギー < 摂取エネルギー」という図式は変わらないからです。

 

 

せっかくの運動も気休め程度にしかならず、最悪の場合は運動によって空腹感が増し、今まで以上に食べてしまう可能性もあります。

 

まとめ


肥満の人が疲れやすい2つの理由とその解決策、いかがでしたでしょうか?
「肥満」の根本的な解決の為に食事制限をするのは簡単ではないかもしれません。

 

 

ですが、肥満を放っておくと生活習慣病や様々な病気の原因にもなりかない為、改善に向けて前向きに取り組むことをおすすめします。

 

 

また、大幅な食事制限や運動が「難しい…」と感じる方には、3つ目の解決策として置き換えダイエットをおすすめします。

 

 

ここでご紹介しているのは私が実際にやりながら誰でも出来るようにアレンジした方法ですが、「食事制限」をかなり優しくしているのでストレスもかからず、初心者でも継続しやすい内容になっています。

 

 

肥満を解消するために、興味のある方はぜひ1度参考にしてみて下さい。

 

 

▼肥満をスッキリ解消!?朝食を置き換えるだけの簡単ダイエットはこちら▼
酵素ドリンクを使ったファスティングの方法【超簡単!初心者向け】