酵素を摂ることで腸内環境が改善できる? | 酵素de身体キレイ

酵素を摂ることで腸内環境が改善できる?

 

酵素で腸内環境を改善する

 


腸内環境の改善というと真っ先に「乳酸菌」を思い浮かべる方も多いと思います。
世間的にも「腸内環境の改善=乳酸菌・ビフィズス菌」というイメージがあるので、なんとなく皆さんそう思い込んでいますよね。

 

 

それも間違ってはいませんが、実は「酵素」が腸内環境を整える上でとても重要な働きをしてくれます。
ここでは何故、酵素が腸内環境の改善に効果があるのかご説明していきたいと思います。

 

善玉菌の割合を増やして腸内環境を整える

 

善玉菌の割合を増やして腸内環境を整える

 


腸内環境を正常に保つために必要なのが、腸内の「善玉菌」です。
善玉菌や悪玉菌という言葉は誰もが一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

 

この善玉菌というものが乳酸菌やビフィズス菌にあたるので、「腸内環境を整えるには乳酸菌やビフィズス菌を摂ろう」という流れが一般的になっています。

 

 

しかし、ビフィズス菌などは年齢を重ねると減少していってしまうものなので、摂取するにしてもきりがありません。
おまけにそのまま対策を打たなければ免疫力の低下まで引き起こしてしまいます。

 

 

ここで重要になるのが酵素です。
酵素を摂ることで腸内の毒素(悪玉菌)を減らす働きをしてくれます。

 

 

私たちの体には元々、酵素を作る力が備わっており「体内酵素」という酵素を作りだしますが、腸内環境が良くない状態の時は体に酵素が不足している状態にあります。

 

 

この「不足している状態」を作ってしまうと、腸内環境はどんどん良くない方向に進んでいってしまうので酵素の摂取が必要なんです。

 

腸内環境を整えて免疫力を上げよう

 

腸内環境を整えて免疫力を上げよう

 


体の免疫機能のほとんどが腸にあるとされています。
これが何を意味するかというと、腸内環境が良くない状態が続くと体の免疫力低下につながってしまうという事です。

 

 

免疫力の低下は慢性疲労や風邪などの体調不良から、糖尿病や腎臓病など様々な病気を引き起こす原因になります。

 

 

これに対して簡単に対策できることは、普段から食べ過ぎや消化の悪いものを食べたりすることを控えることです。

 

 

また、酵素を摂取して善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで「免疫力」アップにつながるので、病気や体調不良から大事な体を守ることにつながります。

 

 

>>酵素ドリンクおすすめランキングはこちら<<