体重を気にするあなたが自然と食べる量を減らす為に必要な3つの方法 | 酵素de身体キレイ

体重を気にするあなたが自然と食べる量を減らす為に必要な3つの方法

食事の量を減らす3つの方法


最近、体重が増えてきてヤバい…とひそかに感じている方、少なくないですよね(^^;)

 

 

ここでは自分の体重の増加がちょっと気になり始めた人のために、食事制限や精神論抜きで簡単に実践できる「食べる量を減らす為に必要な3つの方法」をご紹介していきます。

 

「歯磨きしたばかりだから食べない」という心理を利用して食欲を抑える

歯磨きをして常に口の中を清潔に保つ


歯磨きは「朝起きた時」と「夜の寝る前だけ」という方が多いかもしれませんが、ここでは毎食後すぐに歯磨きをしていきます。

 

 

食後に歯磨きを習慣化させることで、常に口の中が綺麗な状態を保っていれば間食をするのが気持ち悪く感じるはずです。

 

 

食欲を抑えるというよりは、「歯磨きしたばかりだから食べない」という心理を利用していきます。

 

 

朝は歯磨き後に朝食を摂っても構いませんが、そのあとにマウスウォッシュをするなどして常に口の中をキレイな状態に保ちましょう。

 

 

お昼はもちろんですが、夜は夕食後の間食の予防にもなります。
間食の予防だけでなく、歯周病の予防にもなるので健康的にはいいことばかりですね。

 

 

(※「歯磨き粉で食欲が抑えられる」と言う情報もありますが、実際のところ根拠に乏しいのでこの方法をおすすめします。)

 

 

炭酸水を飲んで胃を膨らます事で、体に満腹と錯覚させる

炭酸を飲んで胃を膨らませる


この方法は見出しそのままですが、炭酸水を飲んで胃の中が炭酸ガスで膨れることで満腹状態と錯覚させ、食欲を抑えます。
炭酸水は主に食前や、小腹がすいたときなどに飲めれば効果的です。

 

 

しかし、ここで炭酸水の温度に注意してください。

 

 

どういうことかというと、同じ炭酸水でも冷たく冷えた炭酸水を飲んでしまうと胃を刺激してしまい、逆に食欲を増進させる可能性があるという事です。

 

 

素敵なレストランで食前にシャンパンを飲んだりするのは食欲を促す為なんですね。

 

 

こういったことから、食欲を刺激しない炭酸水の温度として「常温」のものが好ましいと言われています。

 

 

関係ないかもしれませんが、常温の炭酸って飲んでてテンション下がりますよね(^^;)

 

 

カフェインを摂る事で満腹中枢を刺激して食欲を抑える

カフェインを摂って満腹中枢を刺激する


カフェインには交感神経を活性化させる作用がある為、アドレナリンが分泌され血糖値が上がります。これによって満腹中枢が刺激されることで、食欲を抑えられるんですね。

 

 

唯一の注意点があるとすれば一緒にお菓子を食べない事です。(^^;)

 

 

このコーヒーを使った方法も炭酸と同じく食前や、小腹がすいたときなどに飲んで食欲を調整するのがポイントです。

 

 

また、コーヒーにはリラックス効果もあるので食事量を減らそうとして感じるイライラやストレスなども軽減してくれて一石二鳥ですね。

 

まとめ


「体重を気にするあなたが自然と食べる量を減らす為に必要な3つの方法」いかがでしたでしょうか?

 

 

「私は食べ過ぎがひどくてこの方法だけじゃとても無理…」という方はこちら
関連記事:>>どうしても食べ過ぎてしまう人がやっている3つの習慣とその改善方法

 

 

特別難しいことは書いていませんが、食後の歯磨きはお金もかからないうえに健康にも良いのでおすすめですね。

 

 

また、食べる量を減らしたりハードな食事制限はなるべくしないでダイエットを考えている方には、置き換えダイエットが取り組みやすいです。

 

 

ダイエットにありがちな精神的な負担も軽くストレスもかからないので、初心者でも継続しやすい内容になっています。

 

 

気になり始めた体重を元に戻す方法として、興味のある方は1度参考にしてみて下さい。

 

 

▼過度な食事制限をしない、朝食を置き換えるだけの簡単ダイエットはこちら▼
酵素ドリンクを使ったファスティングの方法【超簡単!初心者向け】